葬儀社の比較なら葬儀比較ドットコム

費用で選ぶならこちら↓

葬儀比較ドットコムとは

 

葬儀比較ドットコムは葬儀に関する情報と、葬儀社の比較を載せたサイトです。

 

大切な人を送る大切な葬儀。後悔しないために

 

葬儀といっても喪主としての経験をお持ちでない方も多いと思います。
お通夜からお葬式、そして告別式への参加経験はあるかと思いますが、ご喪家・ご遺族の方には、これ以外にも葬儀前の業者決定から、葬儀後の遺品整理までやることは沢山あります。

 

こだわりの葬儀ならの葬儀比較ドットコム

しかし、ご家族や身辺の大切な方が亡くなって、悲しみに暮れるなか、葬儀までの時間もないという状況の為、業者選びまできちんと吟味する時間がないというお話を良くお聞きします。

 

最近では、生前葬という存命している方が自分の葬儀を行うという形の葬儀も行われるとも多くなりました。
ただ、なくなった際には遺族の方が改めて葬儀を行う事が多いので、どちらにしても存命の時からご自身の(もしくはご家族の)葬儀について、ある程度想定して事前に情報収集など用意しておく必要があります。

 

しかし、旅行の計画などと比べ楽しいことではありませんし、事前に計画を立てるのも大変です。

 

そんな中、決められないでいるうちに、決めなきゃいけない事態が突然訪れる・・・
急な不幸の際に、安心して葬儀に関わる事を決められるように、葬儀の情報や葬儀社の比較などを参考にして頂けましたらうれしいです。

 

急ぎの方はこちら↓
葬儀レビ一括で数社から見積がとれます。

 

仏壇はこちら↓
いい仏壇

 

実は亡くなってからゆっくり決める時間は少ない!?

こだわりの葬儀ならの葬儀比較ドットコム

病院でなくなった場合、なくなってから2〜3時間(夜遅い場合は翌朝)でご遺体を移動しなければなりません。
危篤に陥ってからや、ご臨終後に葬儀社を探すと、満足の行く葬儀社をじっくりと選ぶことができずに、価格面や葬儀の内容で後悔することになります。

 

できれば、前もって葬儀社を検討しておく事が好ましいのですが、難しい場合は一旦ご遺体を家に運んでもらうなどして、考える時間を持ちましょう。
悲しみにくれる中で、やらなければいけない事が多いのですが、そのまま依頼するのは避けましょう。

 

本人が葬儀社を決めることもある

 

最近では高齢化などの要因や核家族化によって、一緒に暮らす家族が少なくなったこともあり、残された遺族のためにご自身で葬儀社と打合せを済ませておくような例も多くみられるようになっています。
とはいえ、家族に相談なく勝手に決めてしまうと、トラブルになってしまう可能性もあります。
できれば元気なうちに、家族と葬儀について話す機会を設ける事で、ご自身にとってもご遺族にとっても良い葬儀が予定できれば、葬儀に関する憂いが一つ減り、安心できるのではと思います。

 

あなたにピッタリの葬儀社を診断できます!

 

葬儀社を選ぶ上で、何を重視するのかによって最適な葬儀社は異なります。
あなたのピッタリの葬儀社を診断できますので、こちらから診断してみてください。

 

今すぐ診断
葬儀診断

 

 

葬儀比較ドットコムお勧め葬儀社

 

葬儀比較ドットコムでは、値段と葬儀やスタッフの質などを元に、お勧め葬儀社を選定しました。

 

 

格安葬儀格安葬儀

格安葬儀

火葬式も家族葬も格安プランで、満足の内容を提供してくれる「格安葬儀」です。
費用面で非常にポイントが高く、ここまで安くできるのは非常にうれしいです。
最大36回の分割払いも可能なので急な出費にも安心です。
資料請求でさらに5,000円割引が受けられます。

 

 

詳細はこちら⇒

 

家族葬専門店のダビディア>家族葬専門店のダビディア

家族葬専門店のダビディア

基本料金+自由選択プラン/span>で故人様らしい葬儀が可能です。
対応エリアは首都圏(東京、埼玉、千葉)で祭壇の種類やメモリアル、料理の種類などが自由に選ぶ事が出来ます。
もちろん基本料金のみのプランでも十分な心のこもった葬儀をあげることができます。

 

詳細はこちらから⇒

 

家族葬のグローバルケア家族葬のグローバルケア

家族葬のグローバルケア

家族葬のグローバルケアは、首都圏(東京・横浜・川崎・埼玉・千葉)を中心に葬儀を提供しています。品質重視の安い明瞭価格のお葬式を提供する葬儀会社です。

葬儀のご相談には葬儀経験と実績を持った終活カウンセラーによるお客様本位の要望を汲み取り、後悔をしないお葬式を迎えていただく事を最優先としているそうです。
無料パンフレットはご葬儀プラン、費用を分かりやすくまとめてありますので、まずは資料請求を!

 

詳細はこちらから⇒

 

 

 

葬儀比較ドットコムでは格安葬儀が1位になりました。
特に価格面やコストパフォーマンスが要因の一つです。

 

こだわりの葬儀ならの葬儀比較ドットコム

しかし、ランキングでの上位3位に関しては、比較してもどれも甲乙つけがたいのも事実です。
価格を重視するのか、質をある程度考慮するのかで希望にあった葬儀社を見つけて頂けましたら幸いです。

 

もし、お時間に余裕がありましたら、3社に資料請求してみてより自分の理想にあった葬儀社を選んで頂くのが良いかと思います。

 

また、葬儀比較ドットコムでは他の葬儀社も紹介していますので、合わせてご確認ください。

 

是非、葬儀比較ドットコムで、良い葬儀社を見つけてください。

 

 

こんな方法もあります。

 

どこの葬儀社がいいのか迷う。

 

見積をあちこちとるのが面倒。

 

そんな場合はこちらを利用ください。400社の中から一括見積が取れる葬儀レビです。
必要項目を入力して送信すると、一気に見積依頼ができてしまうので、届いた情報から価格や内容をみて葬儀社を決めることができます。
更に最大2万円キャッシュバック中なので、よりお得になります。

 

全国約400社から費用を比較できるのは葬儀レビだけ

 

葬儀レビ

 

葬儀レビ

 

 

葬儀比較情報はなかなか得にくいのが現状です。葬儀比較ドットコムでは情報を独自の調査で葬儀社の比較をしております。

 

葬儀の費用について知っておきたい事

 

@葬儀の支出と収入

葬儀をするにあたって、一番気になるのはその費用についてだと思います。
支出だけではなく、収入も考慮するのが大切です。

 

葬儀をする際の収入と言えば、香典はもちろんのこと、国民健康保険に加入していた
故人に対しては葬祭費が支給されますし、
また、健康保険の加入者であれば埋葬料、その被扶養者の場合には家族埋葬料が支給されます。

 

そのほかには、国民年金から死亡一時金が支給される場合もあるのです。

 

A葬儀費用の内訳

葬儀費用の内訳は、宗教や宗派だけでなく、地域のしきたりや習慣、
また、依頼する業者によって様々ですが、一般的には、
お寺や教会への謝礼・葬儀料金・飲食接待費の三つが主だと言われています。

 

葬儀費用のうちの基本料金とは、祭壇や棺などの葬儀一式をセットにした料金で、
セットにする用具や品物、車のグレードによってランク別にされていることが多いです。

 

 

それに対して、オプションは基本料金に含まれていない料金です。

 

たとえば、テントや貸し布団、式場内外設備、生花装飾などにかかる代金のことを指します。

 

まず、基本葬儀料金とは、祭壇や枕飾り、受付用品・受付設備など、
葬儀を施行するにあたり最低限必要となる用品とサービスにかかる代金のことです。

 

そして、変動・オプション費用と呼ばれるものは、
会葬礼状や返礼品、料理・飲料などの親族や会葬者の人数によって数量が変動するものや、
ナレーションやマイクロバス、霊柩車などのご喪家の希望によって内容を選択することができる用品やサービスにかかる代金のことを言います。

 

そのほかには、火葬場への費用やタクシー料金、また、宗教者への謝礼、マイクロバスなどの運転手への心づけなど、葬儀社以外への直接支払い費用がかかるのです。

ヤフーの葬儀手配



 
家族葬って? 葬儀の費用について お勧め葬儀社