家族葬を東京で行う場合

費用で選ぶならこちら↓

家族葬って

 

家族葬

東京の家族葬について|葬儀比較ドットコム

 

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
最近では、大規模な葬儀ではなく身内で葬儀を行うことも多くなってきたそうです。
以前と比べると家族葬の割合は増えており、一般的な葬儀に近い数字だそうです。
特に東京などの首都圏では家族葬が多く、今後高齢化が進むにつれてさらに多くなる事が予想されます。

 

シンプルな家族葬でも、品質を重視して葬儀を行いたいという要望が多いのですが、実際には「家族葬のイメージと違った」とがっかりしてしまう遺族も多いそうです。
また、家族葬であっても東京などの首都圏で行う場合は、きわめて少人数で行うのが多いのに対して、地方では家族葬とはいえある程度の人数で葬儀を行う事が多いようです。

 

家族葬と言っても、式の内容には要望は出せます。
家族葬だからと言って質が低いというわけではありませんので、品質を優先して行うことはできます。
まずは家族葬を理解したうえで、葬儀社に相談するとよいでしょう。

 

では、実際に家族葬とはどういうものなのでしょう。

 

 

そもそも家族葬とは

家族葬の定義としては、親近者のみで葬儀を行い、その後火葬を行う葬儀内容となります。

 

似たような葬儀として、密葬と直葬(火葬式)などがありますが、密葬は後日に本葬を行うもので、直葬は火葬のみになります。

 

 

家族葬の費用

 

家族葬は安いなどのイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。

 

 

1.葬儀一式(儀式)費用

 

少人数のため、葬儀場の設備費や葬儀係員の人数などが少なくすみます。

 

 

でも

 

祭壇・棺等は通常のものを使用するので、劇的には安くなりません。

 

 

また、近隣に知られない為に、自宅などは使用できないため、葬儀社や式場などの使用費用がかかります。

 

 

2.接待飲食費用

 

人数によって変動するため、低額になります。

 

 

でも

 

香典・弔慰金がほとんどなく、葬儀費用と相殺できないため結果負担が増えることもあります。

 

 

実際には

 

東京の家族葬について|葬儀比較ドットコム

 

大規模な葬儀に比べればもちろん安くなりますが、一般的な葬儀に比べて劇的に安くなることはありません。
上記を踏まえて、決して安いと決めつけず決めるのが良いでしょう。

 

参加人数や内容にもよりますが、相場としては50万円〜100万円程度が多いようです。

 

家族葬を選ぶ方も費用を安くしたいからというよりも、シンプルで余計な費用をかけずに心のこもった内容の葬儀を行いたいというニーズが多いようです。

 

参加人数

 

基本的に親近者のみなので、数人〜10人程度で行われます。

 

参加人数が少ないため、落ち着いて心のこもった葬儀ができます。

 

 

注意

 

基本的に事後報告となるため、参加しなかった弔問客から不義理を言われる場合があります。

 

また、葬儀後に個別に弔問客が来るなどで、対応が必要になる場合があります。

 

 

葬儀社に相談しよう

 

 

家族葬の場合、遺族の考えていたイメージと違うという事が多いそうです。

 

正しい知識を持つ葬儀会社に、どのような葬儀が良いのか相談して決めるのが良いでしょう。

 

家族葬は東京などの首都圏にニーズが多いため、東京を中心とした首都圏に葬儀社が多い傾向があります。

 

 

オススメの葬儀社はコチラ⇒

ヤフーの葬儀手配



 
家族葬って? 葬儀の費用について お勧め葬儀社